まねき猫の部屋ーブログ

問題解決や人についての想うことを発信していきます。

実務従事1日目 現場視察と経営者インタビュー

 先日、中小企業診断士の資格を更新するためのポイント取得のために実務従事に参加してきました。今日は、その1日目の様子をお伝えしたいと思います。

 この記事は興味ない人が多いだろうな・・・、とは思いつつ、自分の記録のつもりで書いていきます。

 この実務従事とは、診断士の資質向上や資格更新のための診断実務を行う制度のことです。診断は、述べ6日間、だいたい週一回のペースで、およそ1か月半をかけて診断から報告書の作成、依頼先への報告までを行います。

 個人的には、診断士の資格を維持するためのポイント取得に利用させていただいています。資格更新には、5年で30ポイントの実務経験を証明しなければなりません。後、3年で12ポイント取る必要があります。今回、夏のスーパーの仕事もひと段落するので、とても興味を引く診断の募集があったので、9月はダブっていますが、少々無理をしてでも参加することにしました。

 今回の診断は、Webで募集のあった商店街診断です。S先生が指導員を務めます。この先生の商店街診断は何度か参加したことがあります。とても勉強になるのでS先生がご指導されることを知り大変興味が湧きました。しかも、今回はいままでの診断先とは違い、とても知名度と人気のある商店街が対象でした。

 その診断先は、砂町銀座商店街です。

f:id:my-manekineko:20170922061506j:plain

 

 ご存知の方も多いと思います。先日も、テレビ東京の「出没!アド街ック天国」で紹介されていました。

 毎月10日には「ばか値市」と呼ばれる大安売りを行っていて、大変な賑わいとなります。休日は2万人以上の方が訪れると聞いています。こんな大人気の商店街では、どんなことが課題となるのでしょう?そうしたことを知りたいと思ったのです。

 

 さて、どんなに人気があるかは、たとえば、以下の記事からご想像ください。

 

   

 実務従事一日目は、16日(土曜日)、午後1時半に診断先の近くにある公共施設の某センター会議室に集合となりました。私は神奈川県に住んでいるので集まる場所への移動が大変です。小田急線で新宿まで出て、都営新宿線に乗り換え住吉駅まで行き、某センターまでは初めてなのでスマホの道案内アプリを見ながら歩いて15分、延べ2時間半かかっての到着となりました。

 今回の従事メンバーは募集定員満席の私を含めた10名です。人気のほどがうかがえます。指導員のS先生の他、副指導員としてT先生も参加され、総勢12名で実務診断が行われることになりました。

 S先生は何度もご指導をいただいておりよく知っています。なんと、T先生もお知り合いの先生でした。3年前にこのS先生のご指導を一緒に受けた方です。S先生とのご縁から、この砂町銀座商店街の副指導員をその後何年もされていると聞きました。他、もう1名の受講メンバーも他の診断で一緒になったことがあった方でした。他8名は初めて一緒に診断をするメンバーとなりました。だいたい、実務診断では初めて一緒になる方が多いですね。

 この初対面の方とチームを組んで、診断をするのはなかなか大変です。始めの内は顔と名前が一致しないので、お名前を呼ぶのもなかなかできず、基本的なコミュニケーションをとるのもひやひやしながらとなります。

 (不思議なもので5,6回目には全員の名前が憶えられています)

 S先生から今回の診断の概要と商店街診断レクチャーを受けた後、役割分担を決めました。いくつかのパートがありますが、今回私は、自ら手を上げて商店街の来街者アンケート詳細分析を担当することにしました。

 通常の来街者アンケート分析は別のメンバーが担当します。今回、先生はもう少し突っ込んだ来街者アンケート分析をしたいようで、この報告パートが作られたようです。後で行った経営者インタビューから時間別の属性分析や志向分析を期待されていそうだとわかりました。S先生はそのことを事前に察知していたのでしょう。

 通常は、前回の報告書を参考に変化点を中心にまとめていくので、まあ、楽と言えば楽です。

 担当する新しいパートは、これまでの報告書にも参考となる事例がありません。すべて、新規に検討していくことになります。自分の創造性が発揮できると思い手を上げました。

 もう1名、今年診断士になりたての方が手を上げ、私とペアを組むことになりました。かなり若そう(^^;。斬新なアイデアが出てくることを期待したい所です。ということで、このパートは2名で行うことになりました。

 分担も決まり、17時からまず、競合先となる某スーパーの視察に出かけました。最近出来たばかりの新店です。行ってみると家族連れなどが沢山来ていて大変な賑わいでした。テナントを中心に多くのお店と商品が並んでいます。こうしたスーパーと商店街はどう共存できるのだろうか・・・この診断の興味がさらに湧いてきました。

 競合店の下見がだいたい終わったところで、今回の診断先の砂町銀座商店街を見に行きました。18時半くらいだったと思いますが、診断先の商店街に着くとすでにシャッターの降りているお店が多いこと!?

 およそ170店のお店があるとのことですが、8割がたは閉店していました。

 ご参考:商店街のホームページからダウンロードしたお店のマップです。

f:id:my-manekineko:20170922091612j:plain

  道幅がおよそ3.5mと狭く、長さ約670mと長いのにお店がしまっているので、とても暗い印象です。TVで見た賑わいの商店街という感想がうそのようです。TVが紹介していたお店の看板を見ながらこの長い商店街を一通り見て、下見は終了となりました。

 19時から商店街の幹部の方3名が来ていただけ、インタビューが始まりました。

 (その内容は秘守義務があるので書けないのが残念です)

 およそ1時間半、参加メンバーはいろいろな側面から質問を出していきました。そこからわかったことは、幹部の方は状況をとてもよく認識していて、こちらが仮説として持っていた課題や対応はだいたい検討が出来ていることです。

 これは、難しい診断になる。メンバー一同が駅を目指して帰り道でぽつりぽつりと話した感想の総括がこうです。自宅に着いたのは23時が過ぎていました。明日は、スーパーの仕事も入っています。少々しんどい体を休めながら、この先の診断のことが頭をよぎります。

 来週の日曜日(24日)は、通行量調査を1日かけて行います。ときどき、交差点などに座ってカウンターをカチカチさせている人を見たことがあると思います。それを行いながら、交代で来街者に訪問の目的や頻度をアンケートする予定です。

 沢山の人が訪問するので、通行量を調査するのも大変な作業になりそうです。単純計算すると1秒に一回、カウンターをカチカチと担当時間50分ずーっとやっていくことになりそうです。それを3地点とアンケートも4地点行います。

 アンケートは自分の分担になるところなので、気にかかるところです。どんな人がインタビューに答えてくれるでしょうか?良いヒントが得られることを祈りたいです。

 今日はここまでとします。最後まで読んでいただいた方は感謝・感謝です。

 ありがとうございました。

 

彼岸花と実務研修の始まり始まり(予告)

f:id:my-manekineko:20170915060258j:plain

 スーパーの仕事に向かう道の土手に、彼岸花が咲いていました。

 3日前に通った時は気づきませんでした。いつの間に咲いたのでしょう。茎を見事に伸ばして、赤い花がきれいに開いています。田のあぜ道に連なって咲いている場所もあって美しい景観が楽しめました。思わず近くの彼岸花を撮った一枚がこれです。

(他の写真は近くで撮る時間がなくてきれいに撮れなかったので止めました(^^; )

 彼岸花は、花が咲いている時期は1週間ほどと調べたら書いてありました。また、空気が乾燥した状態が続いた後、強い雨が降った直後に一斉に咲くようです。そういえば、3日前の勤務中に強い雨が一時的に降りました。おかげで、雨上がり後がものすごく蒸し暑くて汗びっしょりになって作業したことを思い出しました。そのあとに咲いたのかもしれません。

 

 赤い彼岸花花言葉は、

 情熱/独立/再開/あきらめ/悲しい思い出/思うはあなた一人/また会う日を楽しみに

 だそうです。

 引用:彼岸花(曼珠沙華/ヒガンバナ)とは?花言葉や別名の意味は? - horti 〜ホルティ〜

 この花をいま見たことが偶然ではないような気もしたのは、私が感傷的になりすぎでしょうか?

 このスーパーの仕事も9月23日でおしまいです。後3回。

 9月26日以降は10月の勤務月になり私の担当シフトも終わります。次に通う3日後まで彼岸花は咲いていないかもしれません。

 

 昨日、ペットボトル回収機の回収袋を交換していたら、シルバーの事務局の方が珍しく訪問されて、声をかけてくれました。後任の方のことを店長に連絡しに来たついでに、私にも会いに来てくれたとのことです。後任が決まったことを教えてくれました。

 驚いたのは、その後任の方が、その後灯油コーナーに来て私に声をかけてくれたことです。初対面でしたが、名前を聞きすぐにわかりました。毎回書き込む引継ぎのノートの昨年の冬によく出てくる名前の方だったのです。

 その方は、冬の時間だけ以前から灯油販売をされている方でした。今回も担当するとのことで、最近のスーパーの仕事の様子を知りたくて訪れてくれたようでした。
 最近は、段ボールやペットボトルを持ち込む人が多くて、その処置も大変なことなどを伝えました。(こんな仕事も担当していました)

 冬シフトは、本来の灯油販売が多くなるので、その点から仕事の様子を心配をされていました。ベテランさんでもこうした心配をされるのですね。他の様子も話お別れしました。

 さて、明日から、中小企業診断士の資格更新のためのポイントを得るため実務研修が始まります。計6回、10月末まで週1回のペースで研修が行われる最初の回になります。

 明日は、一緒に研修するメンバーとの顔合わせ、指導の先生からのレクチャー、現場の下見、夜、依頼先の責任者の方のインタビューをして終了です。帰り時間は22時を過ぎそうです。

 翌日の日曜日は、またスーパーの仕事も入っています。

 添削のリポートも届いているでしょう。どのくらい来ているか気になるところです。今週は、届いた通数が今までに2番目となる量で大変でした。今朝まで悲鳴を上げながら終了出来たところです。届けるセンターの方によるとリポート提出の繁忙期に入ったとのことで依頼数も多くなると頭を下げていました。(メールなので姿は想像です)

 明日から、また忙しくなりますが、次回は実務研修の様子をお伝えできればと思っています。

 今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

事後報告 8月のイベント 年金請求手続きをしてきました (^o^)/ 

 8月はイベント盛りだくさんだったと以前のブログで書きました。その1つが、8月に62歳になり年金請求の権利が発生したので手続きをしてきたことがあります。

 今日は、その様子を紹介します。

 (きりがないので、8月分のイベント紹介は今回で終了)

 誕生日の2か月前の6月に、緑の封筒が届きました。中身を見ると「年金の請求手続きのご案内」とあります。

f:id:my-manekineko:20170817082514j:plainf:id:my-manekineko:20170908060806j:plain

 「62歳の前日から「年金請求書」の受付が可能です。」と、あります。

 善は急げ、気の早い私は手続きの準備をすることにしました。

 さっそく準備をしようと書類を読んでいくと、以外にも準備するものは少ない。

また、早めに事前に準備にできるものも少ないことが分かりました。

 事前に準備できること

 ・年金請求書への記入 (10分あれば終わります)
 ・配偶者の課税(非課税)証明書の取得(市役所へ行って発行してもらう)
 ・配偶者の年金手帳のコピーの準備(3分かからなかった)

 ・年金手続きの窓口予約 (電話で可能)

 誕生日の前日より後に準備できること

 ・戸籍謄本か抄本の取得
 ・家族全員の住民票の取得

 当日持っていくもの

 ・自分の年金手帳と雇用保険被保険者証
 ・支給してもらう銀行の通帳
 ・マイナンバーがわかる書類(自分はマイナンバーカードでした)

 結局、早めに準備したのは、1週間前に家内の課税(非課税)証明書を図書館に行ったついでに取りに行ったことだけでした。

 前日、これも農協にしそジュースを作るために赤しそを買いにいったついでに、市役所によって戸籍謄本と住民票を発行してもらいました。

 そうそう、大切なことを1つお知らせします。

 手続きの予約は早めにしたほうがいいです。私は、8月21日にしてもらおうと1週間前の15日に電話したのですが、すでに21日はいっぱいとのこと(^^;

 しかたなく、時間がとれる23日に1枠だけ開いていたのでその時間となりました。

 しかも、年金事務所ではなく、「街角の年金相談センター」となりました。

 うかつでした。いける日が決められたらその時点でやればよかった。反省です。

 「街角の年金相談センター」か、行ったこともないし、どんなところだろうと心配しつつ、当日スマホのナビを頼りにセンターに向かいました。

 私の向かうところはビルの3階にありました。きちんと外看板も出ていて比較的わかりやすかったです。そのため、約束の時間の15分前に着いてしまいました。中に入ると男女2名の方が机に座っていました。しかし、手続きしている人はだれもいません(^^;予約がだれも入っていなかったのでしょうか?(あとでわかりましたが、予約時間に遅れて来て来たようです)

 女性の方に、年金の手続きをしに来たと伝えると、名前を聞かれ、男性の方が手続きをしてくれるとのことで、その席に座るよう勧められました。予約時間より15分も早く手続き開始となりました。(心の準備が~焦りつつ席にすわる)

 必要な書類を言われるままに出し、一通りの手続きが終わると、支給金額の見積もりを出してくれました。(心配をよそに手続きはスムースに進む)

 これが資料の一部です。

f:id:my-manekineko:20170909055201j:plain

 出てきた数字は、年金定期便で見ていたものとほぼ同じ値でした。年額で数万円増えていましたが、たぶん、昨年8月まで働いた分が追加になったのだと思います。加入の期間が28か月分ほど多く表示されていました。

 下のような受付控えをもらい、手続きは終了とのことでした。

ここまでおよそ20分くらいでしょうか?あっという間に終了です。

f:id:my-manekineko:20170908061133j:plain

 この後は、少し雑談。その中で、65歳からもらえる老齢基礎年金の前倒し受給の話題になりました。

 「いまもらうとどうなります?」と聞くと、18%減の支給になると答えが返ってきました。そのうえ、いくつかの試算のシートも上の見積もりのような形で出していただけました。

 (思いのほか、親切な対応に、始めに不安な印象を持ったことを反省しました)

 (「街角の年金相談センター」も悪くないです)

 老齢基礎年金の減額は以下の通りです。いただいた資料の一部に掲載されています。

 

f:id:my-manekineko:20170909061038j:plain

 

 書いてある通り、1か月前倒しすると0.5%減額になります。

 5年前倒しだと、5年x12か月x0.5%=30%

 3年前倒しだと、3年x12か月x0.5%=18%(私の例)

 ということになります。

 老齢気の年金は、満額で、およそ65,000円です。

 私の場合の3年前倒しだと 65,000円x(1-0.18)=53,300円 が受け取れる額です。

 その代わり、65歳からの受取分が、65,000円ー53,300円=11,700円減ります。

 前倒しで受け取れる額が、3年x12か月x53,300円=1,919,800円

 およそ190万円です。

 差額が、11,700円なので

 単純に計算すると、1,919,800円÷11,700円=164(か月)→13年8か月分

 65歳+13年8か月=79歳 これ以上生きていた場合は、生涯受取額が前倒しをした場合損になる計算です。

 「ん~、79歳かぁ・・・」

 79歳をどう考えるか悩みました。いますぐ決断はできそうにありません。

 年金の相談員の方は、私の様子を見て

「前倒しは、今日の手続き以降、いつでもできるので、したくなったらまた相談に来てください」と言ってくれました。

 提出の書類だけもらい、その日の手続きは完了となりました。

 手続きも含めても、30分ですべて完了となりました。(早い!)

 ちなみに、支給は、11月か12月になるそうです。

 (そう書いてあるのであらかじめ知っていましたが、聞くとがっかりします)

 時間がかかりますね~ (^^;(待ち遠しい)

 以上、年金手続きの一部始でした。。

 今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 (今日は2000字以上にしてみました)