まねき猫の部屋ーブログ

問題解決や人についての想うことを発信していきます。基本金曜日に更新しています。

先週の利き脳の続きから性格分析のお話へ

 

 

f:id:my-manekineko:20171222050345j:plain

  先週はたくさんの方に、はてなブックマークをしていただきました。うれしいです。ありがとうございました。

 特に利き脳の判定の結果まで書いてくれた

 あか男さん(id:mraka2015

 りょうこさん(id:flowcare

  鯛さん(id:tai_mijinko

感謝、感謝です(^o^)/


 一番最初にコメントしてくれたあか男さん「~直感だけで生きているのか…」とのコメントでしたが、私のブログの書き方が未熟でネガティブな印象を持たれたらご容赦ください。お詫びします。

 A型は、クリエーターのような創造的な面が優れていると言われます。あか男さんの絵日記漫画を拝見していて、いつも感心します。日常の場面をすてきなテーマで切り取る点や、あたたかみを感じる文章と画風はすてきです。

 お詫びのつもりで書き足りなかった点を、マトリクス的にまとめてみました。
私の独断も入っているのでさらに誤解を生まないか心配しつつですが…

利き脳の型別タイプ傾向

f:id:my-manekineko:20171222060213j:plain

 こうしたマトリクスで図解するのは、伝えやすくわかりやすくするためです。特にタテヨコの2軸分析(4類型)の図は、説明によく使います。

 4つに分けるのが紙面などで説明する場合一番書きやすく理解しやすいと思います。

 (わかりやすくなってないじゃないか~という突っ込みは無しでお願いします(^_^;)

 反面、ここで扱った人の性格や傾向タイプはそんなに単純ではないですね。

 たとえば、A型とB型の中間くらいの人もいるはずです。それを「えいや!」と分ける(類型化)のですから、すべてを説明するのは無理があります。また、説明も限られたスペースで行うので情報も制約されるなどの欠点もあります。

 とはいえ、血液型性格診断のように、いまも根強い信者がいる分析がほかにも沢山あります。  

 (血液型性格判断は、旧陸軍が始めたと言われています)

 私もこうした性格分析には興味があっていろいろ試しています。ここで、その例を1つご紹介します。

 MBTIという手法の例です。これは16分類しています。

 ユングが提言した心理学的類型論(タイプ論)をベースに作られています。

 二律背反的な判断を行うもので、一方が存在しないものはもう一方も存在しない
 それぞれは対極の存在であるものとして判定します。利き脳に近い進め方です。

 

f:id:my-manekineko:20171222064928j:plain

 EかI 外交的か内向的か

 SかN 感覚的か直感的か

 TとF 思考が論理的か感情肯定的か

 JとP 判断が体系的か知覚的で状況を見る方か

 私の判定結果です。

f:id:my-manekineko:20171222065729j:plain

 私は「ISTJ」と判定されています。(説明部分は省略しました)

 I:内向的、S:感覚的、T:思考的、J:判断的態度となります。しかも、ISTが微妙という明確度の範囲に入っています。はっきり出ているのは、Jの判断的な態度だけという結果でした。利き脳の判定はB型なので、インプット直感的、アウトプット論理的と比べるとまあまあそうだねという結果(相関)といえます。

 16分類は、さきほどの4分類からすると、あらっぽすぎるという点は改善されるものの、情報量が多すぎて視覚的にはとてもわかりにくくなります。ポジショニングではこのように示されました。ほぼ意味不明です(^_^;

f:id:my-manekineko:20171222071239j:plain

 とはいえ、こうした分析を自分はなぜしたがるのか、人の傾向やタイプを知りたがるのかを自問してみました。すると、こんな答えが浮かんできました。

 「ややこしい「人の性格」を単純に丸め込んで理解した方が、多少乱暴であってもコミュニケーションの場において多少ともまともな対応ができるから」

 私の場合はこんな感じです。

 利き脳に答えてくれたりょうこさんはこうした点についてとても知見のある方で以下のように説明されていました。

 「他者との違いを理解すると、相手を認めることができるようになります。そして、嫌悪感を持ったり拒絶する感情がグンと減っていきます。人間関係のストレスが激減するのを実感できるでしょう。 」

 ちなみにそのブログがここになります。

 


 りょうこさん、すみません。勝手にリンク貼らせていただきました。

 

 同様に回答してくれた鯛さんは、こうしたコミュニケーションや人間関係性においてすばらしいセンスをお持ちと感じます。

 私と同じB型でも、比較するのが申し訳ないくらい違います(^_^;

 人とのつながりや伝え方が抜群です。まだまだ、学ばなければいけません(^o^)/

 ちなみにそのブログは以下になります。


鯛さん、すみません。こちらも勝手にリンク貼らせていただきました(_ _)

 

 先週のブログの反応から、思うままに書かせていただきました。

 最後に、

 MBTIの無料診断のページを見つけました。興味のある方はどうぞ。10分程度で出来ます。私はこの診断結果でINFJと出ました。本テストがISTJですから、まずまずの結果です。S→N,T→Fはバラツキの範囲だと思います。

無料性格診断テスト | 16Personalities

 なお、お急ぎの方は、超短縮版の診断の質問を以下に用意しました。

こちらも、誰かとの話題の1つにしていただけると面白いかもしれません。

お試しください。

結果の簡易判定内容はこちらをどうぞ。

性格タイプ | 16Personalities

 

MBTI超簡易診断質問(結果には責任もてないけど(^_^;)

設問1~4で、あなたのタイプが上か下かを判定します。
先頭のアルファベット「EISNTFJP」を4つ取り出すと結果となります。


あまり深く考えず「こっちだ!」という程度で判定してください。

   1)あなたが元気でいられるのは、どっち?
     E:周りに人がいるとき
     I:一人で過ごすとき

   2)あなたは、何かを見ているときに、
     S:事実を重視し、細かい点によく気がつきますか?
     N:ものごとの本質や全体像を見きわめようとしてますか?

   3)あなたは、思考するときに、
     T:客観的にものごとを考え、結論を出しますか?
     F:自分や他人の感情を考慮して、結論を出しますか?

   4)あなたは、決断する場面で、
     J:素早く、なんでもすぐに決心するほうですか?
     P:予期せぬ事態を想定して、結論を先送りしますか?

以上です。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。